はたらくことをかんがえる Work Style Lab

Service

Community ポスコン

第11回「日本は?製造業は?人材は?
社会の現状や未来を妥協無しに考え続け、
言動一致で実直に事業を推進していく」O2代表取締役 松本晋一氏

主催者自身が「ワクワクできるイベントにしたい!」。こう考え続けていて、企画が遅くなりました。第11回は株式会社O2松本晋一氏です。

■松本氏ご紹介


35人の社員を率いるコンサルティング会社O2(オーツー)の創業者であり代表取締役。1970年生まれ。株式会社O2は多様な製造業の課題に専門性の高い技術や知識をもって挑む専門家集団。モノ造りそのものを変革するために実践型のコンサルティングを提供している。
http://www.o2-inc.com/company/

■なぜ魅力的に感じたのか?


今回の開催は、松本氏を「アツく、面白く、走っていて、結果を出している方だ」と真貝が強く感じ、「なんで、この人は魅力的で、かつ、結果を出しているんだろう?」と興味を持ったからにほかなりません。

真貝が魅力的だと考えた理由を、敢えてこの場で考え、ポイントをいくつか挙げてみるならば、、、
①製造業と日本のことを、本気で考え続けていること
②自らのビジネスを通じて、製造業と日本を良くすることを本気で考え、行動していること
③見せ方で勝負するのではなく、骨太で中身があると感じること
④わかりやすい言葉で語り、ぶつかってきてくれること
といったところでしょうか?

松本氏と話していると、日本を支えてきた製造業および、日本の現在と未来を見て、色々お考えになっているんだろうなとつくづく感じます。製造業は、日本の産業を率いてきましたが、シャープ、ソニー、パナソニックと、みなグローバル化の波にのまれ、ことごとく上手くいっていません。

なぜそうなったのか?何が足りないのか?どうしていけばいいのか?と全体のことを深く広く考え、批判するだけではなく、少し先の未来を見すえながら、現在の自分のビジネスを設計していると感じ、その話は面白く、語る姿は魅力的に映ります。相手や物事を理解しようと、常にわかりやすい本音の言葉を発し、常に本気で議論し考える姿。アツく、ビジョナリーで真摯に語る松本氏に経営層が仕事を発注するのもよくわかります。

■そんな松本氏、我々は何を得、何を語るか?


今回の依頼に当たり、真貝が聞きたいこと2つに分けて、松本氏にぶつけています。

①【松本氏のアウトサイド】
日本・社会・製造業といった、自分の外側にあるものに対しての話。日本の課題や、その中での製造業の課題、ご自身の事業の想い、コンサルのあるべき道、松本さんのポジションで仕事をしているからこそ伝えられる話。

②【松本氏のインサイド】
松本氏の価値観・考え方。これまで松本氏がが何を考え生きてきたのか?どういう価値観で意思決定をしてきたのか?今「使命感」のようなものはあるのか?それは、なぜどのように作られたのか?といった、人間面での話。

これに対し、松本氏も「折角なので、このポスコンの場に合わせた、ここだけの話をしよう」と言ってくれています。質の高い参加者の皆様との議論を存分に重視したポスコンならではの企画にしたいと思います。

■最後に


11月半ばの土曜日の午後、たまには、濃い時間を過ごし、日本、産業、そして自分自身に思考をめぐらせ語りたい方、是非お越しくださいね!

*************
◆日時:11月17日(土) 14:30-17:00(14時開場、17時から懇親会)
◆会場: ジャマイカウドン

◆内容: 
14:30-14:45 主催者あいさつ
14:45-17:00 O2代表取締役 松本晋一氏プレゼン、参加者とのディスカッション
17:30-19:30 懇親会(参加は任意です。実費)

告知ページ https://www.facebook.com/events/336046066489751/

一覧に戻る
pagetop