はたらくことをかんがえる Work Style Lab

Service

Community ポスコン

第10回「生きテク!人間力大賞オキタリュウイチ」と
「同族系大企業の将来を背負う男の苦悩」

今回のお話は!「社会活動」と「企業活動」、両方の原動力~人間力大賞を受賞した男の原動力を知る~
株式会社ポジメディア 代表取締役 オキタリュウイチ氏

           と

同族系大企業を背負うことを約束された男の苦悩~社会的責務/役割の遂行と、自己の欲する価値を追求することのギャップを考える~ 株式会社旭経営研究所 所長 竹内 慎氏

================================
◆日時: 9月23日(日) 14:30-17:00(14時開場、17時から懇親会)
◆会場: ジャマイカウドン
◆定員: 40名(申込はお早めに!)

◆内容:
14:30-14:45 主催者あいさつ
14:45-15:45 オキタリュウイチ氏
16:00-17:00 竹内 慎氏
17:30-19:30 懇親会(参加は任意です。実費)

◆詳細

■テーマ①
「社会活動」と「企業活動」、両方の原動力
~人間力大賞を受賞した男の原動力を知る~
株式会社ポジメディア 代表取締役 オキタリュウイチ氏

企業のブランディング支援で確実に会社としての収益を上げながら、
自殺者を減らす社会貢献活動も本気でやる
とてもパワーあり、深く生の声を発する、アツい男

オキタ氏は1999年頃「100個いいことをすると願いごとがかなうというヘブンズパスポート」を開発。「キレる17才」と言われていた女子高生が15万人以上参加、ムーブメントを社会現象にした。その後、2007年に「生きテク」を立ち上げ、自殺者激減の実績を出すべく、啓発活動を実施。 
http://ikiteku.net/

こういう精力的な活動の結果、2008年青年版国民栄誉賞として展開されている「人間力大賞」における、厚生労働大臣奨励賞受賞。2010年には「5秒で語ると、夢は叶う。」出版。一方、企業に対してのブランディングコンサルティングも手掛ける会社を経営
http://www.okita-museum.com/

社会活動と企業活動の両立。そんな、彼のモチベーションはどこから来るのか?「行動し続ける力の源泉は?」「どういう社会を望んでいるのか?」「そして野望は?」ガンガン突っ込んでいきたいと思います。

■テーマ②
同族系大企業を背負うことを約束された男の苦悩
~社会的責務/役割の遂行と、自己の欲する価値を追求することのギャップを考える~
株式会社旭経営研究所 所長 竹内 慎氏

国内市場の縮小が始まり、本格的に生き残りをかけ戦いの始まった食品卸売業界。ここに、とある同族系大手食品卸を、自らが先頭に立ち、将来背負うことを運命付けられた男がいます。創業89年の同族企業「旭食品」の4世代目後継、竹内 慎。

大学院卒業後、経営/ITコンサルティング会社を経て、独立。自らを所長とするコンサルティング会社を立上、現在は、業界内TOP5へ押し上げ、さらなる成長を続けるべく海外展開を加速する日々。一見、煌びやかな経歴、人生。しかし、そんな中で、人知れず彼の心に揺らめく静かな青い炎が―

受け継ぐことを約束された大企業を、社会の公器として安定的に成長させるという役目のみでは満足せず、人生に追い求めるものとは何か。生まれた時に既に与えられていた大役と、自らが成長する過程で知り得てしまった世の中における本質的な価値/意義との矛盾、葛藤。

そんな彼が、今をどのように見つめ次に進んでいこうとしているのか、どのような新しい時代を切り開こうとしているのか、率直な考え・気持ちを切り出し、ディスカッションパートでは、参加者の方々を交え、社会に与えられる大役と人が自ら見出す大事との関係について議論をしたいと思います!

■告知ページ: https://www.facebook.com/events/494462453912634/

一覧に戻る
pagetop